ベストエピソード投票企画
1114日『いい石の日』を記念して、
第1期~テレビスぺシャル『Dr.STONE 龍水』のなかから
制作スタッフ陣が選定した全38シーン人気投票企画を実施!
制作スタッフ陣による熱い選定コメントも掲載中!!
あなたのベストエピソード3つ選んで投票してください!
皆様のご参加、お待ちしております!
【応募期間】
11月27日(日)23:59まで
【結果発表】
12月7日(水)~12月16日(金)に毎日、カウントダウン形式でTOP10を発表!

各話のエピソードを選んだスタッフ

  • 第1期1話 ~12話担当
    片桐秀介
    (アニメーションプロデューサー)
    『Dr.STONE』全シリーズでプロデューサーを務める。
    好きなセリフは『はっはー!』。好きなキャラクターはクロム。
    Dr.STONEへの愛は誰にも負けない。
  • 第1期13話 ~24話担当
    佐藤奏太
    (集英社 ライツ担当)
    アニメ『Dr.STONE』プロジェクトのスタートからライセンスビジネスを支える最古参。
    好きなセリフは『唆るぜ、これは!』。好きなキャラクターは石神千空。
    Dr.STONEへの愛は誰にも負けない。
  • 第2期1話 ~11話担当
    松隈洋人
    (製作プロデューサー)
    『Dr.STONE』第2期以降の製作プロデューサーを務める。
    好きなセリフは『皆、腹を括れ!』。好きなキャラクターは七海龍水。(息子は大樹。)
    Dr.STONEへの愛は誰にも負けない。
  • テレビスペシャル
    『Dr.STONE 龍水』担当
    松下周平
    (『Dr.STONE 龍水』監督)
    テレビスペシャル『Dr.STONE 龍水』、第3期『Dr.STONE NEW WORLD』の監督を務める。好きなセリフは『おう、みたぜこの目で。クッソもっと見てえ、この世界の、全部がしりてえ―』好きなキャラは、コハク。
    Dr.STONEへの愛は誰にも負けない。
  • 1
    STONE WORLD
    千空と大樹の再会
    復活液の完成など見どころはたくさんあるのですが、一番は復活した大樹に千空が答える「ただ数えてただけだ。他に方法あんのかよ?」です。キャラクターデザインの岩佐さんの描いてくれた千空の格好良さもあり、千空のすごさとヤバさが伝わるシーンだと思います。
  • 2
    KING OF THE
    STONE WORLD
    司の復活
    Dr.STONEは本編の他にアイキャッチや予告などスタッフの遊び心やこだわりポイントが沢山あります。司が復活し、ライオンを追い払い、ナイフでさばいてアイキャッチの流れがスタイリッシュでお気に入りです。
  • 3
    科学の武器
    千空、初の変顔
    色んな変顔をするDr.STONEですが、ここが千空初の変顔かもしれません。ここでスゴイ変顔をしてるのに、直後に杠の復活に感動…そして鬼の形相の司が戻ってくる…感情が追いつきません。このテンポの良さがDr.STONEの魅力ですね。
  • 4
    狼煙をあげろ
    温泉に入る大樹と杠
    冒頭の温泉での大樹と杠の会話のシーン、大樹が本当に筋の通った男だと分かる、お気に入りのシーンです。3話でポロっと復活液の存在を司に口走ってしまう真っすぐなキャラクターですが、このシーンは同じ真っすぐでも違うアプローチ。一気に大樹が好きになりました。
  • 5
    STONE WORLD
    THE BEGINNING
    火薬でピンチを脱する大樹と杠
    この話数ラストの「俺は、『人間』だ‼」も捨てがたいのですが、火薬でピンチを脱出する大樹と杠のシーンが好きです。原作ではナレーションで進行するのですが「科学は全ての者を平等にする‼」が大樹と杠が一緒に喋るセリフになったことで、幼馴染み三人の絆を明確に説明するアニメならではの良いシーンになったと思います。
  • 6
    石の世界の二つの国
    滑車でコハクを救出
    6話は特殊なフォーマットになっていて、エンディングテーマを本編で流しています。そこで千空が滑車でコハクを救うのですが、ここまでの道具を再利用し、新しい科学に繋げて行きます。まさにこの先のDr.STONEを象徴しているシーンだと思います。
  • 7
    200万年の在処
    石神村の新キャラクター登場
    クロムほか、村の新キャラクターが登場! クロムと千空の対決が、他キャラクターとの掛け合いもありとても面白いです。七色炎橋(レインボーブリッジ)、静電気で髪の毛ツンツンからの感電はテンポが良くて好きです。
  • 8
    STONE ROAD
    石神村でのラーメン作り
    科学王国には欠かせない仲間・スイカの登場と、まさか石の世界(ストーンワールド)でラーメンを作ってしまう千空、「飯=科学」はDr.STONEでしか絶対に聞かないワードだと思います。そして、現代人の千空には不味過ぎてがっかりと、オチも含めて楽しいシーンです。
  • 9
    この手に科学の灯を
    初めての灯り
    さらに加速する科学クラフト、発電所を作って電気まで生み出した千空の「人類は科学で『夜』に勝ったんだよ」というセリフはしびれます! 夜の森に一瞬だけ輝く光のシーンはアニメで上手くいって本当に良かったと思います。
  • 10
    薄っぺらの同盟
    コーラ一本の約束
    「ああ作れる。俺ならな!」
    現代でも作れるか分からないコーラ作りを千空はゲンの為に約束します。その時の表情とセリフがカッコいいのなんので、ゲンじゃなくてもついて行きたくなってしまいます。
  • 11
    CLEAR WORLD
    くっきりクリアに見えるひまわり
    ボヤボヤ病の為、なかなかお役に立てなかったスイカでしたが、ボヤボヤ病とは実はド近眼で千空は科学で解決出来てしまう。眼鏡越しにひまわりにピントが合う瞬間はアニメーションに出来て良かったと感動しました。
  • 12
    背中合わせの仲間たち
    銀狼を後押しするカセキの独り言
    背中を預けられる仲間がいるって羨ましいですね。護衛・銀狼が男を見せる12話ですが、その銀狼を後押ししてくれる年長者・カセキが好きです。ちゃんと銀狼の分のマスクも用意してくれるさすが神腕職人、「うっかり勢い余ってガスマスクもう一個作っちゃったわい」。絶対に銀狼に聞こえている独り言も可愛いです。
  • 13
    仮面の戦士
    科学の力
    科学に懐疑的だった金狼から出た「感謝するぞ。科学に。スイカ、千空…!」という素直なセリフに彼の人柄が表れていて、何度観てもグッときます。
  • 14
    MASTER OF FLAME
    マグマに勝利するクロム
    クロムの閃き、千空の知恵、ゲンの話術。それらが三位一体となったことによる勝利でした。今後の科学王国のチームワークを予感させる共闘です。
  • 15
    200万年の結晶
    こっそりコーラ
    千空は究極の効率廚ですが、単にムダを省くだけでなく、他者の気持ちを慮ることにもきちんと時間と労力を割くところが信頼できるんだよな…といつも思います。
  • 16
    幾千年物語
    百夜の誓い
    このシーンで3700年前から現在への全てのストーリーが繋がって「は!? そういう話!? 面白すぎませんか!?」とめちゃくちゃ動揺したのを覚えています(笑)。
  • 17
    百の夜と千の空
    千空と百夜の絆
    アニメオリジナルの演出もあり、たっぷりと時間を使って感情を積み上げたシーンだったと思います。何より一連の小林裕介さんの演技が素晴らしく、アフレコ現場でもらい泣きしてしまいました。
  • 18
    STONE WARS
    「石神千空は生きてる!!」
    STONE WARS開戦を決定づけたひと言。この時点で千空がこの長い戦いの勝利を確信していたかはわかりませんが、どんなピンチでも不敵に笑って見栄を切る千空が最高にカッコイイです。
  • 19
    そして現代へ
    「ケータイを作る!」
    当時の担当編集者からこのクラフトの構想を聞いたとき、スタッフ全員驚きで「ワオ…」となったことが強烈に記憶に残っています。個人的にも原作のこのシーンが好きすぎて「ジャンプ+」の機能を使ってTシャツを作りました(笑)。
  • 20
    動力の時代
    ほむらとわたあめ
    原作のときから好きだった美しいシーンです。敢えてコハクたちには言わせず、ほむらに初めて「甘……」という言葉を言わせるシナリオ上の演出もロマンチックで大好きです。
  • 21
    スパルタ工作クラブ
    スイカのファインプレー
    スイカがお役に立つシーンは全て好きなんですが、千空すら予想していなかった起死回生(タングステン発見)を彼女が手繰り寄せたことに胸が熱くなりました。ケータイ作りのMVPはスイカかもしれませんね。
  • 22
    THE TREASURE
    千空へのプレゼント
    22話前半のマグマとのシーンと迷いましたが…やっぱりこっちで。千空にとって天文台は原点であり、特別な意味を持つプレゼント。驚きと感動で思わず言葉を失ってしまう様子は彼らしくなく、逆に最高に彼らしいなと思いました。
  • 23
    科学の波
    モノづくり仲間の絆
    カセキにとって初めてのモノ作り仲間の友達ができたシーン。カセキがいなかったら科学王国はガラス作りの時点で行き詰まっていたはずです。約60年間の人生を肯定してもらった彼の涙に心打たれました。
  • 24
    声は無限の彼方へ
    One Small Step
    「1期最終話、リリアンの歌を最大の見せ場にしよう」と脚本会議で決まった日から、監督の飯野さん&脚本の木戸さんのお二人が全ての話数で丁寧に紡いできた千空と百夜たちの物語。それらが見事に結実したシーンです。
  • 1
    STONE WARS
    BEGINNING
    ラーメンの紡ぐ想い出
    3人の誓いなど見所が詰まった1話でしたが、カップラーメン試食中に出てくる千空と百夜との回想シーンが1番好きです。音楽のみで構成されたアニメオリジナルシーン。百夜のセリフは是非皆さんで想像してみてください!
  • 2
    HOT LINE
    感動の再会
    千空が最も信頼しつつも、長い期間離れ離れになってしまっていた大樹と杠が最後の最後で登場します。多くは語らなくとも、再び会えたことを互いに喜ぶシーンには心打たれます。千空の表情…これは胸が熱くなります!
  • 3
    死者からの電話
    リリアンのレコード
    偽リリアン作戦を見事見抜いたニッキーに、千空はリリアンのレコードを聴かせます。曲への導入も素晴らしいですが、最後にニッキーの「この歌の中だけではずっと生きてる」というセリフで曲が終わり、歓声と共にリリアンの背中で締めくくられるシーンは最高でした!
  • 4
    全軍出撃
    クロムの信念
    ニッキー先生のリリアン講座も好きでしたが、なんといってもクロムのシーンです! 千空を差し出すことを拒否し、滝つぼに落とされてしまうにもかかわらず、静かに目をつむって微笑する姿は、絶対に仲間を売らないクロムの信念を引き立てる最高にカッコよい場面でした。
  • 5
    STEAM GORILLA
    クロム不在の科学王国
    「スチームゴリラ号」爆誕を受けてうっかり、コハクを「ゴリラ」と呼んでしまう銀狼。案の定ボコボコにされ、「こういうのはクロムの役目じゃないかなぁ」と呟くシーン。何気ない一瞬でありながらも、クロム不在の寂しさが描かれていて、科学王国の一人も欠けてはならない絆を感じます。
  • 6
    PRISON BREAK
    クロムの脱出劇
    自身の閃きで見事脱出に成功したクロム。ここでは貴重な鉢巻のないクロムが見られることもさることながら、アイキャッチ直前のシーンにご注目ください! 音楽に合わせて竹が落ちるその後ろから出てくるクロムのアップは、超絶唆ります!
  • 7
    極秘のミッション
    狂気の杠
    杠が千空との約束を守ってとんでもない作業をしていることが発覚する7話。羽京にも「狂気だ」と言わしめる極秘のミッション。根気と地道な努力がないと絶対に成し遂げられない、作画の力強さからも杠の凄さが伝わってくるお気に入りのシーンです!
  • 8
    FINAL BATTLE
    人間音爆弾・大樹
    20秒作戦の終盤、切り札の音爆弾が粉砕されピンチを迎える千空たち…そんな中で大樹が自身の声を反響させて皆を助けるシーン。すぐに気づいて連携出来る千空達との絆も素晴らしいですが、大樹らしい戦い方がとにかくカッコよくとても好きです!
  • 9
    壊すもの救うもの
    科学王国と千空の絆
    司と氷月の圧倒的な力を前に大ピンチを迎える千空たち。
    科学王国民の思いが詰まったコハクのセリフ「私たちは科学を、千空を、信じているのだ」はお気に入りのセリフです! 圧倒的な千空への信頼を感じ、とても胸が熱くなりました。
  • 10
    人類最強のタッグ
    千空と司のタッグ
    手負いの千空と司が二人で氷月に立ち向かうシーンは圧巻です!
    司と千空の回想シーン直後から始まる「三原色(第1期第2クールオープニングテーマ)」を使用した演出は最高でした!戦いに挑む前のグータッチに鳥肌がたったのは自分だけではないはず…!
  • 11
    PROLOGUE OF
    Dr.STONE
    コールドスリープ
    あの何よりも効率を重視する千空の「無意味な話はダメなのか?」をアフレコで聞いた時グッときました。司が眠ってしまった後千空が一人で話し続け「なあ 司」と言って終わるシーンは、音楽が加わったことでさらに感動して涙したことを今でも覚えています…。
  • 龍水・石化復活‼
    ニヤリと笑う龍水からオープニングに入るタイミングも気持ちよく決まったので何回見てもテンションが上がります。 BURNOUT SYNDROMESさんがテレビスペシャルのために制作してくれた「Good Morning[New]World!」も最高です。
  • 杠ちゃんの簡単ハンドクラフト
    アニメオリジナル要素で某教育テレビっぽくて好きです。糸を作って布にしていくという動きはしっかり調べないとそれらしく描けないので、地味ですが何気に大変なカットです。演出の原田さんが可愛く仕上げてくださいました。
  • 気球から見た朝日
    原作でも好きなシーンでしたが、美術さんの美しい背景と撮影さんの光の表現、感動的な音楽、アニメーターさんの描く繊細な表情、あと何よりクロム役の佐藤元さんの演技が素晴らしく、いいシーンになったなと思いました。ラッシュで見た時、鳥肌が立ったのを覚えています。
エピソード選んだ理由や、熱い思いをお聞かせください!
投票受付は終了いたしました
SHARE
0%